2016年箱根駅伝!注目の応援場所と中継所の場所は?

2016年箱根駅伝が1月2日と3日(朝8時スタート)に2日間にわたって行われます。注目の応援場所各中継所をまとめました。是非選手を応援しに行きましょう!!

箱根駅伝は前年大会で10位までに入りシード権を獲得した10校と予選会を通過した10校、合計20校と予選会で本選出場はできなかった大学が1校につき1人を選び出来るチーム=関東学生連合チームとして出場するので合計で21校が走ります。


スポンサードリンク


注目の応援場所

【読売新聞新社屋】

読売新聞本社前地図

引用:http://www.hakone-ekiden.jp/course/otemachi.html

箱根駅伝は、往路・復路に分かれていて、往路1区は東京大手町にある、読売新聞新社屋からスタートします。

<1区・10区>

1区スタートと10区ゴールは盛り上がること間違いなしの応援スポットです。

場所取りですが、だいたい2~3時間前!!から始まるとのことですので、気合を入れて早めに行動しましょう。

ただスタートとゴールは物凄く混雑してしまうのと、一度応援場所を確保するとなかなか動けない&帰るのも一苦労ですので、それを我慢できる方のみおすすめです。

<花の2区>

花の2区と言われる、鶴見~戸塚までの23.2㎞、各大学がエースを走らせる区間。長い上り坂での難所の「権太坂」での”ごぼう抜き”が見られる箱根駅伝でも唯一の場所です。

また権太坂の3キロを上り切った先では、鶴見中継所でのタスキ渡しが見られます。

<中継場>

テレビに映る確立が高いですよね、中継所!

トップから10分以上経過すると繰り上げスタートとなり、選手の到着を待つことなく、各校のタスキではないタスキをかけて次の選手がスタートとなります。

中継所では、遅れてきた選手が倒れこんで号泣しているシーンや、必死にゴールを目指して走る選手の涙は見てる側の感動を誘います。

様々なドラマが見られる中継所!

【鶴見中継所】神奈川県鶴見区市場大和町4-30付近 神奈川県警察鶴見警察署 市場交番前 

京急「鶴見市場駅」下車徒歩2分

【戸塚中継所】神奈川県横浜市戸塚区汲沢町1207 戸塚駅西口バス乗り場より「大阪下」「大阪上」より徒歩2分

【平塚中継所】神奈川県平塚市唐ケ原 唐ケ原交差点付近 大磯駅より徒歩約15分

各中継所をチェックして是非応援に行ってみてくださいね。

スポンサードリンク



防寒対策!これだけは応援するのに必須アイテム☆

走る人ランナー

☆厚手のコート(ロングダウンなどの風の通しにくいものがおススメ)

☆風の通しにくいパンツ(外はナイロン中はフリー地などの暖パン)

☆帽子・手袋・ホッカイロ・ネックウォーマー・腹巻

☆インナーにはユニクロの極暖、ヒートテックなどの温かいインナーを着て行きましょう!!

吹きさらしの中に何時間もいたりしますので、靴の中に入れるホッカイロや温かいブーツなどで足元の冷えを防ぐのも必須です。

まとめ

今年はどんなドラマが待っているのでしょうか。

お正月に必ず見てしまう箱根駅伝。

選手たちの涙あり、笑顔あり、毎年思わず気持ちが入ってしまって声がかれるまで応援してしまいます。

直接現地へ行くのも良し、テレビの前で応援するのも良し、選手達の頑張りを観戦しましょう!!

 


スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする