木梨憲武11年ぶりドラマ主演!あらすじは?過去のドラマは?!

11月21日、28日午後9時~フジテレビ系列放送の「世にも奇妙な物語 25周年!秋の2週連続スぺシャル」の21日放送回では、お笑いコンビ「とんねるず」の木梨憲武さんが11年ぶりにドラマに主演されます!!  


スポンサードリンク


「思い出を売る男」とは?

ダウンロード (45)

今回木梨憲武さんが主演される「世にも奇妙な物語」では1994年に小堺一幾さん主演で放送され25年の放送の中でも傑作と言われている「思い出を売る男」のリメイク版でです。

フジテレビは「世にも奇妙な物語」の放送25周年を記念して「一番好きな作品」を募集したところ、9万2761件のうち、上位30作品が発表され、木梨さん主演の「思い出を売る男」は26位でした。

ファンから人気の高いこの物語を、役者としての木梨さんがどうやって演じてくれるのか楽しみですね!  


あらすじ紹介

借金があり、職を失い、妻や娘にも愛想をつかされ出ていかれてしまった男(木梨憲武さん)が、借金取りの取り立てから逃れるために迷い込んだ先には怪しげな研究所があり、「あなたの人生、高価で購入」の文字が。

研究所にいた怪しい男は「自分思い出を売ってくれたら、かなりのお金を渡す」という。 男は友人との思い出を売り、初恋の思い出を売る。 しかし、友人や初恋の人に会っても、誰だかわからずに友人を失っていく。

そのお金で借金は返せたが、今度は男の娘が病気にかかってしまい、手術しないと治らない。 手術代を工面するために男は家族との思い出を売ってしまいます。

約束通り、怪しげな男は病院にお金を持っていき、無事に娘の手術は成功。

月日が流れて、男はホームレスになっていた。 娘の手術は成功し、怪しげな男に全ての話を聞いた妻と娘が男の元に行くと 「誰ですがあなた達」と答える。

男は妻や娘の記憶を失っているため、誰だかわからず、娘を助けたことも分からない。

だが妻と娘は「思い出はまた最初から作ればいい」と言って男を抱きしめた。  

<キャスト> 古川三博役:木梨憲武  古川優美子役:西田直美  夢野虎彦役:今井朋彦  古川日菜役:田中千空  


スポンサードリンク



過去に出演のテレビドラマは?!

木梨さんの過去に出演されたドラマを調べてみました。 もっと多くのドラマに出演されてるイメージがありましたが、以外にも意外にも少なく今回の作品を入れて9本です(連続ドラマも1本として)。

中でも有名なのは以下の作品のようです。

  1. 甘い結婚(1998年1月8日―3月19日・フジテレビ)主演・唯野喜太郎
  2. テレビ朝日開局45周年記念ドラマスペシャル「にんげんだものーあいだみつを物語」(2004年12月11日、テレビ朝日)主演・相田みつを役
  3. わが家の歴史(2014年4月9日、フジテレビ)榎本健一役

昔は木梨さんのキャラクターに合わせてコミカルな役が多かったそうですが、近年はシリアスな中年の役も演じるようになったそうです。

まとめ

こちらのドラマは、木梨さんがニューヨークで開かれた個展の準備が終わった後に、1週間のスケジュールの空きが出来てその時に4日間で撮影したものだそう。 しかも10月下旬のお話しだそうです。

とってもタイトな日程で撮影が行われたのですね!! 木梨さんは個展の準備で忙しかったと思うので、1週間スケジュールが空いたら休みたかったと思うのですが、仕事をうける姿勢はさすが長年芸能界で活躍されてるだけあります。

人気のある作品のリメイク版でもありますし、小堺一幾さんとは違った”男”を芸術家としても活躍されている木梨さんがどう表現するのでしょうか。

この物語は「世にも奇妙な物語」なのに、涙なくしては見られないエピソードしても知られているようですので、放送が楽しみです。  



スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする