東京で開催される花火大会の中でも最も早くに開催される足立花火大会。

今年は第40回の記念すべき大会となっており、打ち上げ数も昨年から1,200発増え、なんと13,600発。

そして、足立の花火伝統の名物「ナイアガラ」を二重に架ける企画も実施されます。

記念すべき回なので、当日はいつも以上に混雑が予想され、当日の交通規制などの時間や場所が気になるところ。

車移動や徒歩でもかなりの時間がかかります。

交通規制や通行止めの時間を調べましたので、当日の参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

第40回:足立の花火大会



足立の花火大会の詳細

開催日時:2018年7月21日(土) 19:30~20:30(60分間)※荒天中止(延期なし)

開催場所:東京足立区 荒川河川敷

観覧者数約55万人

花火の打ち上げ数:約13,600発

有料席につい

全国のセブンイレブン、サークルKサンクス、チケットぴあ店舗の店頭購入やチケットぴあのホームページや電話で購入できます。

販売期間 2018年6月23日午前10時から7月20日午後11時59分
      ※売り切れ次第終了

詳細はこちら⇒足立の花火大会 有料席

     

2017年花火大会の模様はこちら。

スポンサードリンク

通行止めの場所と時間一覧


主な通行止めの区間・高速出入り口や時間を紹介します。
  • 首都高速中央環状線(内回り・外回り)千住新橋出入口の閉鎖
     午後6時~午後10時頃
  • 上記地図上、ピンク部分の通行止め規制
     午後6時~午後10時頃
  • 北千住駅前の区間は午後8時から午後10時頃まで通行禁止
  • 都道449号は、午後4時30分から午後10時頃まで通行禁止

車で会場入りを考えている方は、通行止めの時間に注意しましょう。

また、北千住駅やその周辺の駐車場は、駐車する台数が限られていますので、出来るだけ徒歩をおすすめします。

徒歩や車、電車以外では、花火会場付近に臨時駐輪場が9箇所設置されます。

上記の地図で、青の丸で囲んであるのが駐輪場になります。
  • 梅島第二小学校
  • 旧足立小学校
  • 五反野コミュニティ公園
  • 千住公園
  • 元宿さくら公園
  • 尾竹橋公園
  • 旧本木東小学校
  • 花火打上会場荒川河川敷沿いの西新井橋付近
  • 千代田線沿い

駐輪場は午後5時頃から停めることができますが、いずれも止められる台数は少ないです。

5時頃には止められるように、現地へ行きましょう。

またトイレは、荒川河川敷周辺に30箇所ほど設置されます。

会場付近に近づくほど、30分位の行列ができている事が多いので、出来るだけ事前に済ませておくようにしましょう。

会場周辺の交通規制と渋滞

花火打上会場付近や道路の規制は、早いところで午後4時30分から始まり、終了は大体午後6時から午後10時頃です。

車は周辺の交通規制をうけて、大混雑します。

千住新橋や西新井橋、扇大橋は、橋を渡りきるまでに30分~1時間近く渋滞します。

車内から花火観賞ができるくらいですので、車を利用する人は早めの行動が吉。

電車を利用してくる方は気を付けたいポイントがあります。
  • 北千住駅は、午後5時位から混雑、6時位になると人で埋め尽くされます。
  • 3時頃は比較的混雑せずに会場へ向かえる。
  • 花火大会終了後は、北千住駅まで通常徒歩15分だが、30分以上かかります。
  • 混雑を避けるには、30分~1時間程度時間をずらして移動するのがおすすめ。

花火大会のフィナーレが終わりますと、50万人ほどの人が一気に移動を開始しますので、北千住駅までは人が溢れます。

混雑を避けるために20分ほど前から移動を開始する方もいますが、打上時間が1時間と短くフィナーレがこの花火大会の見所ですので、出来れば最後まで見ていくことをおすすめします。

駅前付近に飲み屋やカフェがありますので、そちらで少休んでから移動しても良いでしょう。

日暮里・舎人ライナーや東武スカイツリーライン沿いの駅は北千住駅ほどの混雑ではないので、少し歩いてそちらを利用するのもおすすめです。

記念すべき第40回の足立花火大会、いつもより打上数も多く、来場者も多く予想されますが、事前にしっかり計画して楽しんできて下さい!

まとめ

・足立の花火大会、今年は40回の記念すべき大会なので、例年よりも混雑する可能性がある。

・花火打上会場付近や道路の規制は、早いところで午後4時30分から始まり、終了は大体午後6時から午後10時頃まで続き、大変な渋滞が起こる。

・できれば、車より電車・徒歩利用がおすすめ。自転車の臨時駐車場もできるが、台数に限りがあるので、利用する際は早めの到着がおすすめ。

スポンサードリンク