スギとヒノキ花粉症で両方の症状の違いや飛散時期はいつまで?

スギとヒノキの花粉に悩まされる時期がやってきました。現在日本人の4人に1人は花粉症を発症している時代。だいたい2月頃からスギ花粉が飛散し始め、4月頃になると今度はヒノキ花粉が飛散します。スギ花粉症になる人は、だいたいヒノキ花粉症になるともいわれていて、実際私も両方の花粉症を持っています。スギとヒノキ花粉症の症状の違いを知って早めの対策をしましょう!

スポンサードリンク

スギ花粉の症状

スギ花粉の症状ですが主な症状として、「くしゃみ・鼻水・鼻水・目のかゆみ」があげられます。私の症状になりますが、上記の症状+口や喉の中のかゆみ・痛み、肌荒れ、皮膚の痒みなどがあげられます。

人によって出る症状は多少違いますが、だいたい花粉症の主な症状はこんな感じです。

2月や3月はまだまだ寒い日もあるので、良く風邪と間違う方がいるかと思いますが、花粉症と風邪の一番の見分け方は「目の痒み」です!更に風邪と花粉は症状がでる期間が全く違います。

風邪は2週間くらいで治りますが、花粉症はその花粉が飛び続けている間ずっと症状がでますので、スギですと約2~3カ月症状がでます。

風邪の時に目は痒くならないですし、毎年同じ時期に症状が出たり、家族の中にアレルギー体質の方がいれば、花粉症の疑いありです。

もし初めて花粉症と思われる症状が出た時は、一度病院で検査してもらいましょう。適切な薬や対処法を教えてもらえますし、特に発症した年は、症状が重く出る場合があるので病院へ行くことをおススメします。

ちなみにですが、花粉症の時期に症状が重いと体が拒絶反応を起こしているからか、寝不足になりがちです。「鼻が詰まって苦しくて起きる」とか「マスクしたままじゃないと寝られない」とか良く聞く話ですので、花粉症の方は、早め早めに対策をしましょう!

病院で処方される薬を症状が出る前に飲み始めると、症状が軽く済みますし、花粉症に効くサプリなどもありますので、薬をなるべく飲みたくない方などにはおススメです。

ヒノキ花粉の症状

スギ花粉症の飛散が終わる前に、ヒノキ花粉が始まってしまいますので、既にスギ花粉で体にダメージを受けているため症状が酷くなってしまう方もいます。また、スギ花粉症にかかる人の多くは、ヒノキ花粉症にもかかりやすいです。

ヒノキ花粉症の症状は、スギ花粉症と変わりがありませんが、ヒノキ花粉が飛び始めてから症状が重くなってしまう方の原因として、黄砂が飛んでくることが考えられています。

黄砂は3月~5月の3ヶ月間で年間の約8割が飛散することもあり、この時期中国の北京市を中心としたPM2.5(微小粒子状物質)が黄砂に付着して飛んでくることも一因です。

さらに、スギやヒノキの花粉が直径約30~40㎛なのに対して、黄砂は約4㎛、PM2.5は直径が2.5㎛以下の超微粒子です。

※1μm(マイクロメートル)とは、1mmの1000分の1

黄砂とPM2.5は非常に小さいため、肺の奥に入りやすく喘息や呼吸器疾患や循環器疾患にかかりやすいといわれているので、元々これからの持病をもっている人や子供、お年寄りはさらに症状を悪化させるリスクがあるので注意が必要です。

スギ花粉症が終わりを迎えて、ヒノキ花粉症になってきたら症状が重くなったり、肌荒れや呼吸器疾患の症状が出たら、黄砂アレルギーかもしれません。

スポンサードリンク

例年の飛散時期はいつまで?

スギ花粉の飛散は例年だいたい同じ時期からの飛散する予想ですので、2月上旬頃より九州・四国・近畿地方で開始されます。

注意していただきたのが、その年によって花粉の飛散する量が全く違うということ!昨年楽だったから、今年も楽だろう!と思っていると大変な目に合います。

全国のピーク飛散時期

【福岡】<スギ>2月下旬~3月上旬 <ヒノキ>3月下旬

【高松】<スギ>3月上旬~3月中旬 <ヒノキ>4月上旬

【広島】<スギ>3月上旬~3月中旬 <ヒノキ>4月上旬

【大阪】<スギ>3月上旬~3月中旬 <ヒノキ>4月上旬

【金沢】<スギ>3月中旬~3月下旬 

【名古屋】<スギ>3月上旬~3月中旬 <ヒノキ>4月中旬

【東京】<スギ>3月上旬~3月中旬 <ヒノキ>3月上旬~中旬

【仙台】<スギ>3月中旬~3月下旬 

※北海道はスギやヒノキ花粉ではなく、シラカバ花粉

ちなみに2017年の飛散状況ですが、2016年と比べると九州・四国・近畿は「非常に多い」と予想されていて、前年比300%超の場所も。

中国・東海は、例年比で「多い」、北陸は「やや多い」、関東甲信は「やや少ない」、東北と北海道は「少ない」と予想されています。

九州・四国・近畿の地方の方は、飛散の開始も他の地域と比べて早いので1月中旬位から対策をした方が良さそうです。

ちなみにヒノキ花粉は、関東ではほかの地域に比べて飛散の時期が長く、完全に無くなるのは6月初め頃と言われてます。

私はだいたい4月の終わり位にヒノキ花粉症の症状は治まってきますが、人によってはゴールデンウィークがあけるくらいまで症状がある方もいました。

まとめ

・スギ花粉症とヒノキ花粉症の症状の違いは特にないが、主な症状として「くしゃみ・鼻水・鼻水・目のかゆみ」がある。他にも口や喉の中のかゆみ・痛み、肌荒れ、皮膚の痒みなどがあげられる。

・ヒノキ花粉症の症状が重くなったり、肌荒れや呼吸器疾患などの症状が出たら黄砂アレルギーの可能性もある。

・スギとヒノキの飛散時期は地域によって多少の差はあるが、スギのピークの時期は2月下旬~3月下旬くらいまで、ヒノキのピークは3月下旬~4月上旬くらいまで。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする