2016Mステスーパーライブ観覧レポ!会場入場から終電&アーティスト①

2016年12月23日に行われたMステスーパーライブへ行ってきました!まさか当たると思ってなかったのでびっくりし、当選ハガキが自宅に届いた時にはうれしさのあまり友人に電話をかけたほどでした。

当日まで過去の観覧レポを読ませていただき、参考になったので最新のライブレポをお届けします。

スポンサードリンク

2016年のハガキはいつ来た??

ツイッターなどでも当落の話題になっていましたが、私にハガキが届いたのは12月15日でした。

見慣れないハガキがあるなぁ・・・と思っていたらなんと観覧ハガキが!!

10年くらい前に申し込んだ記憶があるものの、その時は当然のようにハズレました。まさか30代半ばになって当たるとは!!

Mステの観覧ですが、ライブ形式だと年齢がある程度いっていても当たりやすいのかもしれません。

実際に私が観覧した席の周りは40、50、60代くらいの方もいらっしゃいましたよ。年齢で制限されるのは、おそらくMステでアーティストさんの横で観覧する場合かと。

ファンクラブ経由でMステの観覧が来たことがありますが、ライブ以外の観覧ではここ数年当たったことがありません(苦笑)

というわけで、諦めないで応募してよかったと思ったので、年齢であきらめずにチャレンジしてみてください!!

入場チェックの厳しさにビックリ!!

私が観覧チケットの引き換えに行ったのは4時すぎでした。

ハガキの色によって観覧場所や招待が違うのか、一般枠は水色・ファンクラブ枠はオレンジ、他にもグリーンやピンクなど色分けされていましたよ。

そして列に並ぶこと5分程度、最初に身分証明書とハガキを提示、チエックを受け整理番号のナンバーの位置が書いてある指定された場所へ行くと、机に女性二人が座っていて、私が行った入り口にはすでにチケットがなく、担当者の女性に声かけていて隣の机から2枚チケットをもらっていました。

チケットには、ハガキに記載されていた管理番号を記載し、その後、出口で写真のリストバンドをまかれました。

さらに、その先で遊園地等で再入場の際に手の甲に押されるスタンプを押されました。

その管理の厳しさにビックリ!!

それだけチケット引き換え後の転売なども多いのかな・・・と思わされた瞬間でした。

入場の際は、チケットとリストバンド、手の甲にライトを当てられ、確認されてからでした。入り口では、荷物チェックとテレ朝のチラシ&サイリウムを配られて会場内へ。

スポンサードリンク

会場内&本番始まる前の練習

会場の外の壁にはテレ朝の番組ポスターがたくさん貼ってありましたよ!

会場に入った感想は、テレビで見るよりとっても狭い!!スーパーライブですからもっと広い会場だと思っておりました。例えるなら横浜アリーナや代々木第一体育館位かと。

花道があったり、中央にステージがあったりで使われてない席も多かったです。一部の席は3階席もありました。

私が座っていた席は2階花道の近くだったので、すぐ目の前にアーティストさんが通ると目が合うほどでした。席が近くてまたまたビックリ。

友人のファンクラブ枠のお友達がアリーナ席にいたりして、応援してるアーティストさんがでるたびに物凄く盛り上がる場所があるので、今回はファンクラブの方々で当選された方はアリーナに固まっていたようです。

2階にもジャニーズのファンクラブの方と思われる若い女性の団体がいましたよ。

そして18時45分くらいに、テレ朝入社3年目の男性アナウンサーの指示に従い、拍手や歓声の練習を行いました。

注意事項なども説明され、「入場の際に配布されたサイリウムはピコ太郎さんの時に使いますのでそれまで折らないでください。」などや、「ピコ太郎さんが折ってください、と言いますのでそれからお願いします!」と言っていましたよ。

ミニステのオンエアがあり、そこにミニオンやスヌーピーが参加してとっても華やかな始まりです。

アーティストさんによってはCMの際に声かけてくださったり、盛り上げてくれたりした方もいて。さらにはスタッフさんの機敏な動きに圧倒されたりと、初めて参加させていただきましたが、本当に生放送は大変そうでした。

その中で、集中力を切らさずに歌うアーティストさんにもビックリしましたし、歌唱力にも驚いた方々もたくさんいましたよ。

アーティストさんの様子などは次のレポに書きます。

2016Mステスーパーライブ観覧レポ!会場入場から終電&アーティスト②

まとめ

・チケットは早いからと行って必ずしもいい席になるわけではなさそう

・入場するには、チケットとリストバンドとスタンプが必要

・会場は思ったよりもだいぶ狭く、どの席からでもアーティストさんが近くに見られる

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする