セスキ炭酸ソーダ・重曹・クエン酸の使い分けや違いは?掃除活用法を説明

ナチュラル系洗剤として「セスキ炭酸ソーダ」・「重曹」・「クエン酸」があります。

これらはそれぞれ使っていいもの、ダメなものが違うので、掃除の際に違いがわかっていると、何に使えるか、キレイになるか、役に立ちますよね。

そこで、3種類の違いと掃除の活用法をご紹介します。

スポンサードリンク

セスキ炭酸ソーダ・重曹・クエン酸の違い

掃除や洗濯で使用できる「セスキ炭酸ソーダ」・「重曹」・「クエン酸」の違いってわかりにくいですよね。

肌に優しいナチュラル系洗剤は種類によって効く汚れが違うので、ここでポイントを押さえておきましょう!

 

セスキ炭酸ソーダ

【アルカリ性】

重曹

【弱アルカリ性】

クエン酸

【酸性】

使えるもの

・キッチンの油汚れ落とし

・血液などやたんぱく質などのシミ抜き

・洗剤なしでの洗濯

・ヤニ落とし

・コンロや鍋などの焦げ落とし

・生ごみの消臭

・軽い洗濯

・ポットの水垢落とし

・トイレの掃除と消臭

・お風呂などの水垢落とし

使えないもの

・アルミ

・白木

・畳

・アルミ

・白木

・畳

・キズがつきやすいもの

・大理石

・塩素系洗剤と一緒に使うのはNG

セスキ炭酸ソーダは強力なアルカリ性

%e3%82%bb%e3%82%b9%e3%82%ad%e7%82%ad%e9%85%b8%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%80%e3%80%80%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%83%bc

出典:http://ameblo.jp/

重曹に炭酸塩をプラスしたものが「セスキ炭酸ソーダ」です。

こちらに「セスキ炭酸ソーダ」を詳しく説明しましたので、洗濯や換気扇の参考にしてくださいね。

⇒100均セスキ炭酸ソーダの掃除術!洗濯や換気扇の汚れを取る方法

「セスキ炭酸ソーダ」は重曹よりも強いアルカリ性で、水に溶けやすく汚れを落とす力が強いのが特徴。

アルカリ性なので油汚れを落としたり、しつこい汚れの予備洗いや軽い汚れの洗濯などにも使えます。

スポンサードリンク

重曹は焦げに強い弱アルカリ性

%e9%87%8d%e6%9b%b9

出典:http://ameblo.jp/

重曹は、鍋ややかんなどの焦げ落としにおススメ。

弱アルカリ性洗剤なので、酸性の汚れである油汚れに効果を発揮します。

焦がしてしまった鍋底や、油ハネはこすっても落ちにくく、逆に傷がついてしまうことも。

重曹を使って焦げを優しく浮き上がらせて、すっきりきれいに。

【汚れたやかんをキレイにする方法】

①鍋に水を張り、小さじ2杯程度の重曹を入れる

②重曹を水に溶かして、頑固なコゲがついた蓋を入れる

③蓋をいれたまま、火をつけて沸騰させる

④煮沸後はそのまま放置して、その後スポンジなどでコゲをふき取る

クエン酸は消臭&除菌の効果がる酸性

%e3%82%af%e3%82%a8%e3%83%b3%e9%85%b8

出典:http://ameblo.jp/

クエン酸は消臭と除菌の効果があり、酸性のため、アルカリ性であるアンモニアや水垢に効果があります。

便器についた水垢は、アルカリ性の重曹ではなく、クエン酸が効果を発揮!

コップ一杯の水にクエン酸小さじ1杯程度を溶かして、スプレーボトルに入れて吹きかけます。

スポンジでこするときれいに。

また洗濯物の黄ばみを軽減できるので、すすぎの水が透明になったタイミングで水40リットルに対して5グラムのクエン酸を入れます。

黄ばみが取れてすっきり☆

まとめ

・セスキ炭酸ソーダは「アルカリ性」で油汚れや洗濯、たんぱく質汚れ、ヤニ落としに効果的

・重曹は「弱アルカリ性」で研磨効果があり、クレンザーのように使える

・クエン酸は「酸性」で水垢やアンモニア汚れに効く

・洗濯や掃除には3種類それぞれの特徴があるので、使い分けるのがおすすめ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする