100均お掃除グッツとして、最近注目されているのが重曹よりも「セスキ炭酸ソーダ」。

セスキ炭酸ソーダってそもそも何?!重曹より汚れが落ちるって本当??

また汚れが落ちにくい&取れにくい洗濯槽や換気扇の汚れをきれいに取る方法もご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

セスキ炭酸ソーダとは??

%e3%82%bb%e3%82%b9%e3%82%ad%e7%82%ad%e9%85%b8%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%80%e3%80%80%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%83%bc

出典:http://ameblo.jp/

 

 

セスキ炭酸ソーダは、中性洗剤よりも手肌に優しく、負担をかけない洗剤として注目を集めているナチュラル系洗剤です。

重曹よりも水に溶けやすく強力なアルカリ性で、汚れを落とす力がさらに強いのが特徴。

掃除にも洗濯にも幅広く活躍します!

セスキ炭酸ソーダは「重曹」に「炭酸塩」をプラスしたもので、界面活性剤よりも環境に負担をかけにくいので環境にも優しい。

変質しにくいので、常温での長期保存も可能です。

手が荒れやすい方は、ゴム手袋などで手を保護してくださいね!

ダイソーなどで購入可能です。

 

 

○得意な汚れ落としの例

・洗剤不要の洗濯

・血液などのたんぱく質汚れ落とし

・換気扇の油汚れ落とし

・壁についたヤニ落とし

 

●使えないもの一例

・アルミ

・白木

・たたみ

 

100均で購入できるので、ナチュラル系洗剤になじみのない方でもチャレンジしやすいと思います。

お掃除をする時間を少しでも短く、簡単にできるので、参考にしてくださいね。

 

洗濯&換気扇の汚れを取る方法

%e3%82%bb%e3%82%b9%e3%82%ad%e7%82%ad%e9%85%b8%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%80%e3%80%80%e6%b4%97%e6%bf%af

 

しつこい汚れの予備洗い&軽い汚れの洗濯におすすめです。

洗剤が必要なほどではないけれど、水洗いだけでは汚れが落ちるか不安な時には「セスキ炭酸ソーダ」がおススメ。

すすぎも通常の洗濯より念入りにする必要がなく、経済的。

 

【使い方】

①水30ℓあたり大さじ2杯のセスキ炭酸ソーダを溶かす

②軽い汚れにはこの量で洗濯

③しつこい汚れには、その後普通の洗剤で2度洗い

 

 

 

%e6%8f%9b%e6%b0%97%e6%89%87%e3%80%80%e3%82%bb%e3%82%b9%e3%82%ad

出典:http://mykaji.kao.com/

 

フィルターを使っていても、いつの間にか油が換気扇にベットリついてなかなか落ちない・・・。という経験をした方は多いのではないでしょうか。

換気扇のベットリついた頑固な油汚れを取るには、アルカリ性の「セスキ炭酸ソーダ」が効きます。

「セスキ炭酸ソーダ」の濃縮液を作って、油汚れをふき取りましょう。

 

【使い方】

①水500mlにセスキ炭酸ソーダを5グラム溶かす

②スプレーで汚れた箇所にまんべんなく液をつける

③数分置いて雑巾でふき取り、2度ふきは不要

※しつこい汚れの場合には、より濃い濃縮液をつかうのもアリです。

 

キッチンの油汚れは酸性なので、アルカリ性である「セスキ炭酸ソーダ濃縮液」を使って、キレイにしてみてくださいね!

 

 

スポンサードリンク

 

たんぱく質汚れや壁についたタバコのヤニもきれいに落とせる!

%e3%81%a4%e3%81%91%e7%bd%ae%e3%81%8d%e6%b4%97%e3%81%84%e3%80%80%e3%82%bb%e3%82%b9%e3%82%ad%e7%82%ad%e9%85%b8%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%80

出典:http://www.netprice.co.jp/

 

頑固な袖口汚れや血液の汚れは、普通の洗濯ではなかな落ちにくいですよね。

これらのたんぱく質汚れは、一晩つけおき洗いでキレイになります!

溶液に一晩つけておけば、通常の洗濯では落ちない汚れをしっかりと浮かせて落とせるので、楽ですね。

 

【使い方】

①水500mlにセスキ炭酸ソーダを5グラム溶かす

②洗濯物を一晩つける

③つけ置き後、通常通り洗濯をする

 

 

たばこの嫌なニオイや壁についた黄色いヤニは気になりますよね。

ヤニはタールの油なので、こちらも「セスキ炭酸ソーダ」を使うことによってキレイになります。

灰皿や壁についたヤニの汚れを、溶液をしみ込ませたペーパーや布でふき取るだけでOK!

※ただし、木や畳にはNGですので注意してください。

 

【使い方】

①水500mlにセスキ炭酸ソーダを5グラム溶かす

②スプレーで汚れた箇所にまんべんなく液を吹き付ける

③しつこい汚れには溶液をしみ込ませた雑巾を使う

 

 

まとめ

・「セスキ炭酸ソーダ」はアルカリ性なので、酸性の汚れに強い

・「セスキ炭酸ソーダ」の濃縮液を作って汚れに吹きかけてふき取ると、あっという間にピカピカに

・洗濯はつけおき洗いと、いつもの洗剤代わりにすすぎが不要のエコ洗濯がおススメ

・たばこのヤニもタール油なので、濃縮液を作り吹きかけてふき取る

スポンサードリンク