カフェラテ・カフェオレ・カプチーノの違い!ミルクたっぷり飲みたいときは

カフェラテ・カフェオレ・カプチーノを飲みたい時に、中身の成分がどれくらい違うって知っていますか。

何がどれくらい違うって説明するのは難しいですよね。

コーヒーの量が多いのは?エスプレッソはどれくらい入ってる?など3種類の違いを調べてみました。



スポンサードリンク



カフェオレ・カフェラテ・カプチーノの違いは

%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%a9%e3%83%86%e3%82%ab%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%8e%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%aa%e3%83%ac%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84

出典:http://www.handpresso.asia/

まず、大きく分けるとカフェオレとカフェラテ・カプチーノの部類に分けられます。

カフェオレは普通のドリップコーヒー、カフェラテとカプチーノはエスプレッソコーヒーで作られます。

そして、コーヒーとミルクの割合も違います。

【カフェオレ】

コーヒーとミルクの割合は5:5

【カフェラテ】

エスプレッソとスチームミルクの割合は2:8

【カプチーノ】

エスプレッソとスチームミルクとフォームミルクは3:3:4

という内訳です。

お店や好みによって若干変化するようですが、基本はこの割合です。

カフェラテとカプチーノの違いは・・・

%e3%82%ab%e3%83%95%e3%82%a7

カフェラテとカプチーノはどう違うのでしょうか。

カフェラテは、エスプレッソ2に対して温めたスチームミルクを入れます。

カプチーノはエスプレッソ3に対して温めたスチームミルク3、蒸気で泡立てたフォームミルクを4の割合で入れます。

また、エスプレッソに少量の蒸気で泡立てたフォームミルクを加えたのが、カフェマキアートです。

ミルクが多い分、カフェラテのほうが味がマイルドになるかと思いきや、エスプレッソが濃いので苦みとミルクのほのかな甘みも味わえます。



スポンサードリンク



ミルクの量と気になるカロリー

%e3%83%9f%e3%83%ab%e3%82%af%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc

ミルクがたくさん入っているのは、カフェラテもしくはカプチーノになります。

ミルクの量が多いものを飲みたい時は、たっぷりふわふわのフォームドミルクがのったカプチーノがおすすめ。

カフェオレはコーヒーの量が多く、カフェインも多く含まれているので、早朝などに飲むといいでしょう。

気になるカロリーですが、ドトールコーヒーのMサイズで比べてみると

・カフェオレ・・・170kcal(ハニーカフェオレで記載しています)

・カフェラテ・・・93kcal

・カプチーノ・・・87kcal

カフェオレのカロリーを調べてみると、(内訳は牛乳100mlと砂糖6グラムコーヒー100g)97kcalになります。

カフェオレもカフェラテもカプチーノも、そこまで大きなカロリーの差はないですね。

味の好みや飲む時間帯などによって、飲む種類を決めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

・カフェオレ・カフェラテ・カプチーノの差は、カフェオレは普通のドリップコーヒー、カフェラテとカプチーノはエスプレッソコーヒーで作られている。

・カフェオレ:コーヒーとミルクの割合は5:5

・カフェラテ:エスプレッソとスチームミルクの割合は2:8

・カプチーノ:エスプレッソとスチームミルクとフォームミルクは3:3:4

・中身の割合によって、種類が違うので、好みに合わせてオーダーするのがおすすめ



スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする