am12時とpm0時の違い!法律上の決まりと英語圏の表記

「AM12時」と「PM0時」の違いってなんだろう??と思ったことはありませんか。

一体何時なんでしょうか??

その違いや英語圏での時間表記の違いなどを調べてみました。



スポンサードリンク



日本の法律上はPM0:00がない!

%e6%99%82%e8%a8%88%e7%94%bb%e5%83%8f

結論から言いますと、日本では、AM12時とPM0時どちらとは正午、つまりどちらもお昼の12時をさします。

ということは、AM12:00の1分後はPM0:01分になる。午前12時になって1分たったら午後0時1分になるということなんですよね。


PM0:00はどこにいっちゃうんでしょうか??

なんか時間の表記が納得いかないなぁ~と思っていたら、時間に表記に関しては、明治5年に大政官布告代337号に「午前」と「午後」という語を明示しています。

そこには「午前は0時から12時まで、午後は1時から12時まで」と書かれていて、法律上は正午を「am12:00」と表記して、「pm0:00」は存在しないというのです!!

驚きですよね。

更に、国立天文台広報普及室の見解や、独立行政法人情報通信研究機構周波数標準課の見解も「PM12:00」は夜中とされています。

法律上には「pm0:00」が存在しないなんて。

つまり慣習上使っているだけなのです。

英語圏の表記はまったく逆!!

%e8%8b%b1%e8%aa%9e%e5%9c%8f%e3%81%ae%e8%a1%a8%e8%a8%98

英語圏では日本の認識とは全く逆になってるとご存知でしたか?!

英語圏では午前を(ante meridian)午後を(post meridian )といい、AM・PMなどと書きます。

日本では、「AM8:00・PM8:00」と表記しますが、英語圏では「8:00AM・8:00PM」というのが正しい表記となります。

そして12:00AMは夜中の12時を意味するのが一般的との事。

日本では、AM12:00は正午のことなのに!

これをメールなどでやり取りしたら、勘違いがおきそうです。



スポンサードリンク



会話の中とメールで気をつけること

%e5%a4%96%e5%9b%bd%e4%ba%ba%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88

日常会話の中では「明日ははお昼の12時に待ち合わせしましょう」や「夜の12時までには帰ってきてね!」などと会話に「お昼の」や「夜の」とつくので、間違えようがないですよね。

ただ、ビジネスメールなどの中では、気をつけないとお互いの時間の認識が違う事があるので要注意です。



24時間表記にすれば、このように勘違いが起きる問題は発生しないのですが、慣習上使っているので、直すのもなかなか難しいですよね。

特に電話でアポイントを取る際には、24時間表記で確認をし、13時と3時14時と4時などを間違えないようにしましょう。

約束の時間に来ない・・・という事のないように確認をしっかりしたいものです。

まとめ

・「AM12時」と「PM0時」は両方とも正午をさす。

・日本の法律上には「pm0:00」がなく、慣習上使用している。

・英語圏は「8:00AM・8:00PM」というのが正しい表記で、「12:00AM」は夜中の12時を意味するのが一般的。

・メールや電話などでは24時間表記で伝えたほうが相手にわかりやすく、間違えにくい。



スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする