8月14日、香取慎吾さんのスマステの生放送終了後に、報道各社へSMAP解散という衝撃的なFAXが流されました。

朝起きてびっくりした人も多いのではないでしょうか。

時間を追うごとに、「解散したいメンバー」がいた、ということが明らかになってきました。

解散したいメンバーは誰だったのか、したくないメンバーはいたのか、など調べてみました。

 

スポンサードリンク

SMAP解散したいメンバーは??

SMAPの解散については1月、SMAP×SMAPで生放送でメンバーが謝罪しました。

それ以降も、何度も話し合いを重ねてきたそうですが、とうとうメンバー間の深い溝は埋まらず解散となりました。

大変残念で仕方ありません。

時間を追うごとに、SMAPの中で解散したいメンバーと、したくなかったメンバーがいる事が明らかになってきました。

やはり、飯島元マネージャーの独立、ジャニーズ事務所の退社が大きく関わっていることは、間違いないと思います。

この一件で、飯島元マネージャーとの独立を一番に表明していた香取慎吾さんは、飯島元マネージャーの事をお母さんのように慕っていたと言います。

香取さんはいろいろな芸術の分野で表現しることからナイーブな性格で、芸能界のお友達も少ないと言っていることから、自分の心の中をさらけ出せる人も少なかったと思います。

小学生からデビュー、大人たちと仕事をして、正直嫌な面もたくさん見てきて、色々と思うこともあったと思います。

SMAPというスーパーアイドルグループに所属していたら信じられる人が少なくて当然かもしれません。

 

SMAPデビュー25周年だったので、ジャニーさんが「遠慮しないでコンサートもやるべき」と発言していることから、ジャニーさんはSMAPの存続に前向きで、その準備を行ってたと思いますが、コンサートの演出などを担当していた香取さんが拒否していたと言います。

更に、香取さんと草彅さんはとても仲が良かったこと、草彅さんは一度公然わいせつ罪で逮捕されています。

またメンバーの稲垣さんも一度逮捕されていますね。

その時に、復帰を支えてくれたのは、もちろんSMAPメンバーであり、飯島元マネージャーであったことは想像に難くありません。

謹慎期間を経て、SMAPとしてやり直せるまで飯島さんの力がなければ、難しかったかもしれません。

 

何か月も話し合う中で、解散をさけるべく「休養」という形を事務所から提案されても「ファンの方に期待させるのは申し訳ない」として「解散」を譲らなかったといいます。

そのメンバーが、香取さん、草彅さん、稲垣さんだったそうです。

 

 

 

中居さん、木村さんは・・・

中居さんはSMAPを誰よりも大切に考えていたと思います。

リーダーとして、最後ま「解散」という道は避けたかったはずです。

ですから、少なくとも中居さんが香取さんや草彅さんと話し合い、なんとか解散を避けようと説得していたのではないでしょうか。

中居さんはファンの皆さんの気持ちを痛いほどわかっています。

ですから「休養」という妥協案を出して、時間が解決してくれることを待とうとしていたと思います。

それも拒否され、メンバー間の溝も埋められず相当苦しい立場になったことでしょう。

元々、中居さんも飯島さんと独立をしようとしていましたから、最後は香取さん達に同調したのでしょう。

 

一方木村さんは、解散する際のコメントでほかのメンバーとは違う表現の仕方をしています。

「この度の「グループ解散」に関して、正直なところ本当に無念です。でも25周年ライブもグループ活動も5人そろわなければ何もできないので、呑み込むしかないのが現状です。たくさんの気持ちで支えて下さったファンの方々、スタッフの皆さんを無視して「解散」という本当に情けない結果になってしまいました。いまは言葉かうまくみつかりません。」

このコメントの「情けない」という言葉が気になりました。

情けない=自分はSMAPとして何があっても存続していこうと思っていたけど、ほかのメンバーが解散を選択しました。

という意味に聞こえてきますね。

飯島元マネージャーが独立して一度は全員でついていくという話にまとまっていたのに、木村さんだけはジャニーズ事務所に残る決断をします。

妻の工藤静香さんの助言が大きかったともいわれていますね。

木村さんがあの時、SMAPメンバー全員と独立する決断ができれば、解散という道は避けられたのではないのかと思えて仕方ありません。

 

スポンサードリンク

 

ジャニーさんの説得も利かなかったSMAPメンバーの溝

 

ジャニーさんはSMAP育ての親として「SMAPを守る」と発言していました。

SMAPもジャニーさんには恩義を感じていたと思います。

この何か月もの間、ジャニーさんは何度もSMAPと話し合い説得を続けてきたと思います。

それでもSMAPメンバー間の溝が深く、修復できない状態であると最後はジャニーさんもあきらめたのでしょう。

SMAP5人で仕事ができなくなったとしても、独立させるよりは1年間契約をし、個々に活動させる道を選んだのではないでしょうか。

飯島元マネージャーがとってきた仕事も残っていたかもしれませんし、今すぐ独立という話になると、関係各所に今以上に多大な迷惑をかけてしまうからという理由に思えます。

ただ、気になるのが2020年SMAPはパラリンピックの応援サポーターを務める予定でしたからこれも白紙に戻りますね。

SMAPに代わるスーパーアイドルはいません。

 

 

まとめ

・SMAP解散したかったメンバーは香取慎吾さん、草彅剛さん、稲垣吾郎さん

・解散したくなかったメンバーは木村拓哉さん

・ジャニーさんの説得も利かず解散

・2020年東京オリンピックの応援サポーターは誰へ

 

スポンサードリンク