• 高代延博(たかしろ のぶひろ)ヘッドコーチ

3990

 

生年月日:1954年5月27日(61歳)

身長:170センチ

体重:73キロ

元プロ野球選手、日本ハムファイターズ→広島東洋カープ

 

智辯学園高校から法政大学へ進学し、社会人野球の東芝を経て

ドラフト1位で日本ハムファイターズに入団。

1年目から遊撃手のレギュラーに定着、ゴールデングラブ賞を受賞。

1989年 現役引退

1990年~1998年 広島二軍・一軍守備走塁コーチ

1999年~2001年 中日一軍守備走塁コーチ

2002年 日本ハム一軍ヘッド兼守備走塁コーチ

2003年 ロッテ一軍ヘッド兼守備走塁コーチ

2004年 中日一軍野手総合チーフコーチ

2009年 WBC日本代表の内野守備走塁コーチに就任(3塁ベースコーチ)

 

現役を引退した後、すぐにコーチになり、6球団を渡り歩いてきた方です。

野球界の方、監督、選手などからも信頼が絶大なんですね。

そうでなければ、これだけの球団からコーチを依頼され、長年にわたりコーチを続けられません。

 
  • WBC内野守備走塁コーチ

侍ジャパンの内野守備走塁コーチをつとめてた方なんですね!

そして、2連覇をとげたWBCの際は、ノックのうまさが

本場アメリカのメジャーリーグ関係者目にとまりました。

外野へのフライなども一定のリズムで打ち続けられたり

難しいといわれる内野へのフライも簡単に打ち続けられるそうです。

さらに高代さんは「パッとかまえた時に、上手いか下手か、その人の悪い癖、いい癖」を

すぐ見抜けるといいます。

 
  • 金本監督との出会い

広島のコーチ時代には現阪神監督、金本氏のバッティングを徹底的に鍛え、レギュラーに定着させたました。

金本監督は高代ヘッドコーチの実力を身をもってわかっているので、自分が鍛えられ強くなれたからこそ、来季の阪神のコーチに欠かせないと思ったのでしょう。

強いチーム・監督・選手の裏側には、決して表には出ないけれども

欠かせない存在の立役者が必ずいるんですよね。

金本監督・高代コーチによって、来年の阪神がどう変わって、活躍してくれるのか

今から楽しみです。