リオデジャネイロオリンピックが始まりました。

体操の絶対王者、内村航平選手が現地入りしてから「ポケモンgo」をやり続け、携帯会社からの請求額が50万円にもなったという事が話題になっていました。

2015年世界選手権で金メダルを取った、体操日本男子団体が、リオオリンピック予選でなんと全体4位の成績で決勝へ通過。

日本人の誰もが想像していなかった結果となりました。

絶対王者、内村航平にいったい何が起きてるのか。

不調の原因や理由は何なのか調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

リオオリンピックでの不調の原因は?

2016 Rio Olympics - Artistic Gymnastics - Preliminary - Men's Qualification - Subdivisions - Rio Olympic Arena - Rio de Janeiro, Brazil - 06/08/2016. Kohei Uchimura (JPN) of Japan falls as he competes on the horizontal bar. REUTERS/Dylan Martinez  TPX IMAGES OF THE DAY. FOR EDITORIAL USE ONLY. NOT FOR SALE FOR MARKETING OR ADVERTISING CAMPAIGNS.
出典:http://www.huffingtonpost.jp/

 

8月6日に、体操男子の団体総合、個人総合、種目別の決勝進出をかけた男子予選が行われました。

予選では、日本勢のミスが相次ぎ、269.294点で男子団体4位で決勝進出。

内村選手は金メダル確実だと言われていた鉄棒で、最初の離れ技「屈伸コバチ」でバーをつかみ損ねてまさかの落下。

鉄棒個人での決勝進出を逃しました。金メダルが確実視されていただけに残念です。

 

内村選手は会場の効きすぎた冷房に「寒かった」とコメント。

体が温まらなかったとはいえ、他の選手も同じ条件の下で試合に出ていますし、絶対王者が落下した影響は他の日本人選手にも影響を与えたのか、同じく男子団体に出場していた、山室選手があん馬で落下、田中選手も得意種目の平行棒で落下しています。

さらに内村選手は「普段あまりしないミスをした。練習通りに演技したが本番とは違う」と言っていました。

オリンピックには魔物が住んでいるとはいますが、内村選手がここまで不調なのは珍しいことではないでしょうか。

その原因がなんと、現地に入ってからスマホゲームの「ポケモンGO」をやっているからと話題になっています。

 

 

 

ポケモンGOのやりすぎが演技に影響?!

ポケモン

出典:http://www.yutorism.jp/

 

内村選手が現地入りしても「ポケモンGO」に熱中するあまり携帯会社から通信料50万円を請求されてしまったことが話題になりましたね。

現地では、まだ配信されていなかったのに、内村選手が「ポケモンGO」をやっていた事から、相当はまっていたと考えられます。

現地入りしてもポケモンを探していたくらいですから、日本でも配信と同時にやっていたのでしょうね。

通信の設定を間違えたからといって、そうそうやらなければ50万円を請求されることはないと思うのですが・・・。

 

また体操日本の水鳥寿思監督は「オリンピック中は選手にポケモンGOの質問は禁止でお願いします」と報道陣に対して異例の通達を出しています。

内村選手が相当はまっていたからこそ、報道陣に対して質問NGをだし、なるべく「ポケモンGO」の事から遠ざけようとしていたとも考えられますね。

一番大事な時期に集中力を切らしたくない、という配慮も、もちろんあるでしょう。

監督が危惧するくらい、はまっているという事は、練習時間以外は「ポケモンGO」をやる時間が多いんでしょうね。

特にリオは治安も良くないですし、そうそう外へ出歩くこともないでしょう。

当然、選手村に滞在しているときにも、移動のときにも「ポケモンGO」をしていたら、時間を忘れてやっていると思いますので、睡眠不足や調整不足も十分に考えられます。

 

スポンサードリンク

 

 

リオでは3日にポケモンGOが配信開始!

先月には配信されていなかったポケモンGOが8月3日にブラジルでも配信がスタートしました。

これだけ世界各国で話題になっている「ポケモンGO」。

その国や地域限定のポケモンもいる事から、今や世界各国の人々がポケモン探しに、色々な国へ行っている状況です。

そして、なんとリオオリンピックの各競技場は「ポケストップ」や「ポケモンジム」に設定されていることが分かりました

さらに体操の会場でもある五輪アリーナは「ポケモンジム」になってることが判明!

そうなれば、空き時間などを使って「ポケモンGO」をやりますよね・・・。

現地では選手やスタッフも「ポケモンGO」を暇をみつけてはやっているそうですので、監督がポケモン話を禁止していても、本人たちはゲームを楽しんでいるかもしれませんね。

もちろん、息抜きも大切ですが、「ポケモンGO」に熱中するあまり寝不足や調整不足になっていないと良いのですが・・・。

それが今回の不調の原因になっているのかもしれません。

 

 

まとめ

・内村選手がポケモンGOにはまりすぎて現地での配信前に携帯会社より50万円の請求

・現地では8月3日にポケモンGOが配信開始

・体操の会場など主要な競技場が「ポケストップ」や「ポケモンジム」に設定されている

・監督が報道陣に対して体操日本団体への質問NG項目に「ポケモンGO」を指定する

・内村選手が相当はまっていることから、寝不足や調整不足なども考えられる

スポンサードリンク