黒幕ダルマはビートたけし!劇場版「MOZU」11月7日(土)公開

  • ドラマ版からの謎・・・黒幕「ダルマ」



2052455_201505050282442001430769617c



劇場版「MOZU」11月7日(土)から公開されます。

ドラマ版より、伏線として出来ていた『ダルマ』が人物として登場します。

伊藤淳史さん演じる警察官の鳴宮啓介がダルマを”夢の中に出てくるらしい・ダルマは個人か組織なのか分からない・グラークアルファ作戦にダルマの存在が関わっていたのではないか”と言ってましたよね。

こんな人が毎晩夢に出てきたら、怖すぎて寝られません。

ドラマ版を見ている時から思っていましたが

ダルマの似顔絵がどうしても俳優の小日向文世さんにしか見えませんでした。

検索してみると、やっぱり小日向さんだと思ってた人が多かったようですね。

小日向さんは、警視庁警務局の特別監察官 津城俊輔(つき しゅんすけ)警視正役として

MOZUにシーズン1のドラマから出演されてますので余計そう思われた方がいたのかもしれません。



まさかビートたけしさんが黒幕のダルマを演じるとは思っていませんでした。

ダルマの顔には火傷で出来た痕なのか、顔全体に爛れた痕が見られます。

公開された動画や画像、公式HPを見ても、特殊メイクだとわかっていますが

たけしさんの存在感に圧倒されますし、映画ではダルマと西島秀俊さん演じる倉木尚武の
直接対決が見られるそうです。

予告編の中で、ダルマと倉木が炎の中で対決してますが

ダルマの迫力がありすぎて怖いです!!

たけしさんがこの「ダルマ」をどのように怪演したのか非常に気になります。


  • 倉木の娘の死の真相

ドラマ版では、倉木の娘が大怪我をして輸血をしたときに

倉木と妻千尋の間には生まれない血液型だったことが判明しました。

では一体、千尋と誰の間にできた子供だったのか・・・。

千尋は倉木と付き合う前に、室井玄(生瀬勝久)と付き合っていました。

倉木は室井に「雫(娘)の父親は誰だ?」

と聞いていますが、室井は答えません。

沈黙が答え・・・

可能性として高いのは、雫の父親は室井だったのかもしれませんね。

千尋も倉木の子供なのか、室井の子供なのか分からず、どうすることもできずに

倉木との子供として育てたのでしょう。



倉木雫は、自宅の浴室で溺死し、その傍らには母千尋がいましたが、その事故の真相は不明のまま。

倉木雫も夢の中で「ダルマ」を目撃しているので

死の真相においても何らかの関係があるのかもしれません。

映画版では、雫がなぜ死んだのか真相を明らかにするみたいです。


  • 映画版 「MOZU」

TBSとWOWOWの共同制作された「MOZU」。

ドラマ版を見たときに、映像のきれいさと、ドラマのスケールを越えたセットの豪華さに驚きました。

映画版では、日本犯罪史の重大事件を影で操ってきた最後の敵・ダルマと倉木・大杉(香川照之)、明星(真木ようこ)が対決します。

その他にも今回からのキャストとして、犯罪プランナー高柳(伊勢谷友介)と実行部隊 権藤(松坂桃李)などが出演します。

ドラマ版からの伏線が回収されるのか、そこも見所の1つですね。どんな展開になるのか今から楽しみです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする