ためしてガッテン!ノロウイルスに99%効く食物とは?!対策の3項目をご紹介

12月9日(水)20時~NHK総合で放送の「ためしてガッテン!」では”緊急対策!ノロウイルス”として、これからの季節に大流行するノロウイルスにむけて対策の方法をご紹介。血液型で感染率が違うって本当?!新型ノロウイルスが発生した今、身近な食べ物でノロウィルスを99%以上防ぐ対策とは?予防できる食べ物などをご紹介します!!

スポンサードリンク

新型ノロウイルス

2014年に新型ノロウイルスが川崎市で発見されました。

どんどん進化を続けていて、以前の形とは外見が同じようですが、実際に見ると全く違うとてつもなく感染力の強いウィルスだそうです。

2003年1月に北海道の小中学校で集団感染が発生し、ノロウイルスにかかった子供たちの血液型の割合を調べてみるとこのような結果がでました。

・A型・・・71%

・B型・・・65%

・O型・・・64%

・AB型・・・55%

2002年のアメリカでノロウイルスを体内にいれて血液型で症状の差がでるのか、どうかの実験では、AB型の人はノロウイルスにかからなかったでそうですが、それは1990年代に流行したノロウイルスで実験を行った結果だそうです。

翌年の2003年には、日本の血液型の調査で、1990年代よりウイルスの形が変化して流行していることが証明されました。

人間とウィルスの戦いです。

しかもノロウイルスは生きた人間の腸の中でしか増やせないので、実験や研究ができないため、薬や予防接種は今のところないそう。

新型ウイルスだからと言って、症状などは今までと同じですが、多くの人たちは免疫を持ってないので、今まで感染したことがない方でもかかる可能性があるとの事でした。

怖いですよね。ノロウイルスは嘔吐や下痢などでとても辛いといいます。

新型ウイルスにはかかりたくありません!!

スポンサードリンク

家庭でノロウイルスを99%以上消毒できる技術とは??

渋柿ためしてガッテン

広島大学大学院生物圏科学研究科の島本整教授がノロウイルスを99%以上消失させることができるものを発見されました!!

それは渋柿!!

柿に含まれるタンニンという成分がウィルスのたんぱく質に作用して感染できないようにできるそう!

渋柿を使った消毒薬の作り方

①渋柿(できれば完熟していないで、あおいものだとなお良しだそうです)

②沸騰しているお湯で5分煮る

③冷まして皮ごとすりおろす(種は取り除いてください)

④③を絞ります

⑤渋柿の汁+消毒用アルコールを1:2で混ぜる

⑤スプレーボトルに入れて、まな板や手にかける

渋柿が手に入らない!!

という方は柿渋がホームセンター・塗料店・手芸店などで販売されていますが、食用ではないので口に入れない所に使ってくださいね!

また無臭の柿渋を選んでください。

こちらの無臭の柿渋を消毒用アルコールで10倍に薄めて使ってください。

現在のノロウィルスの対策3項目!!

①一番大事なのは手洗いです

直接ノロウイルスを殺菌はしませんが、トイレの後、食事の前に手や指についてウイルスを洗い流すのに効果が期待できます。

必ず流水による手洗いを15秒以上行ってくださいね。

②トイレは重要な感染源!

トイレ内の手で触る場所(便座・ドアノブ・スイッチ・レバーなど)には確実にノロウイルスがいますので消毒をしましょう。

トイレの消毒は次亜塩素酸ナトリウム(塩素系消毒剤)が最も効果的!

また便器の蓋をあけっぱなしにしていると、細かいしぶきが最大90分間もしぶきが舞うそうです!!

必ず、蓋をしてから流しましょう☆

 

③マスクは効果絶大!

嘔吐などを処理するときやトイレ掃除をするときはマスクをしましょう!

細かい粒子が空気中に浮いていて、それを吸い込んで口に入ってしまいますので、マスクをしてから行ってください

食生活で予防できる食べ物

ためしてガッテン

乳製品 ※低温殺菌牛乳・ナチュラルチーズなど

乳製品の中にはラクトフェリンという特殊なたんぱく質が含まれていて、腸に入るとバリアのようになり、ウィルスの侵入を防いでくれると考えられています!

毎日乳製品を取ったグループと乳製品なしのグループでは

毎日乳製品を取ったグループは4.3%・乳製品なしのグループでは15.6%と三分の一に激減したそう。(保育園児91名中のノロウィルスの感染率)

まとめ

いかがでしたか。

これから本格的にノロウイルスが流行の季節を迎えます。

特に小さいお子さんがいるご家庭では、しっかり対策をしてノロウイルスの口からの侵入を防ぎましょう!

感染したら本当に怖いですし、辛いです。

渋柿で99%以上の消毒効果が得られるのであれば、渋柿スプレーで消毒やお掃除をして対策しましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする