ためしてガッテン!かす床の作り方は?マシュマロかす漬けとは?!

11月25日(水)8時~放送の「ためしてガッテン」では”酒かすパワー大全開!”として酒かすの秘められた力をご紹介。こちらのマイかす床の作り方・保存方法・食材が気になったのでご紹介します。


スポンサードリンク




マイかす床の作り方!

Sakekasu_20070116 

                 出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/酒粕

マイかす床の中で漬けられた食材は酵素で分解されますので、食材からうまみが生まれ絶品になるそうです!!本来は買ってきた酒かすを踏み込んで熟成させるそうですが、これをすれば踏み込まなくても簡単にできます!!

【材料】酒かす100グラム

    焼酎またはみりん 50ml(お酒・みりん・焼酎であればOK)

【作り方】

①市販の酒かすを少し砕き、みりんを振りかける

②ラップをしないで電子レンジ600wで40秒温める

酒かすが40度位になります。

この40度~50度にするのが重要!

酒かすの酵素が一番活動するのが40度~50度なのでこの温度にしてくださいね。

③ゴムベラなどでペースト状になるまでほぐしていく

④ペースト状になったものを2日間熟成してかす床の完成


かす床気になる保管の仕方と賞味期限

酒かすの酵素に働いてもらうためには、冷蔵庫に入れていると糖もアミノ酸も増えません!!

いかなる季節も蓋をして常温で保存!してください。

なんと特に寒い季節は「こたつの中」で保存でもいいよ、との事ですがさすがにビックリですよね。

常温で漬けるのなら、冷蔵庫の場所もとらなくていいですし、気軽に始められますね。

<賞味期限>

マイかす床は1回作ると半年は持つそうですが、食材によっては半年よりも短い期間で傷む場合がありますので、酸っぱい臭いがしたら、かすを交換してください。



スポンサードリンク


かす床に合う食材探しと漬け込み時間

番組でかす床に合う食材を街頭調査して、1位に輝いた食材はなんと「マシュマロ」!

1位:マシュマロ

とっても美味しくて、後日街頭調査にご協力いただいた方がNHKや調査協力をした奈良女子大学にお手紙を送ったほどです。

番組でもゲストの方々が絶賛していました!

酒かすの中から直接マシュマロを取り出して食べると、キャラメルみたいな味がする、とても高級感がある味になるそうです。

<気になるつけ込み時間>

・マシュマロ 4~6時間程度

・肉     20~24時間程度

・魚     20~24時間程度

・野菜    20~24時間程度

かす床はつけすぎでも大丈夫だそうですが、肉や魚を漬ける場合、長期間漬けると身が崩れてしまうそうですので4~5日が目安。

アルコール臭がきになる場合は、かす床から取り出して冷蔵庫に数時間から数日間冷蔵庫に入れるとアルコール臭が気にならなくなるという事でした。

まとめ

マイかす床、気になりますよね。

マシュマロの味を皆さん絶賛していたので、どんな味がするんだろうなぁ。

水分があまりないものが漬けるのにおススメという事ですので、野菜などはしっかり水分を切って漬けたいですね。

水分が、かす床のアルコール分が薄めて、傷みやすくなってしまうそうですので、作る方は気を付けてください。

他には番組で、イカ・豚肉・チーズ・レンコン・干しわかめを、かす床に漬けていましたよ。

気になった方は、是非マイかす床を作ってみてくださいね。




スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする